今日は、はっと、させられました。

こんにちわ。

いやぁ、今日は、雨と、出ていたのに、晴れている。

毛布、干したかった(´д`|||)

そういや、隗斗は、昨日、新しい道が開かれました。

『少女病』という歌手の曲なのですが、曲調も良く、何か、新しい世界が開かれそう。

これ、新しい小説に、使えそう!!!

そんな事を思いながら。

fujossy.jp

『真夏の淫らな靉流ー夢語り』を、更新しました。

さぁさぁ、小さな玉。

これから、生まれてくる靉流です。

樹が、自ら、動いて、アズイに。

それから、彼女の前世である“レイナ”の、知られざるお話が、開き掛けました。

「誰だ!古代冥界語を、スラスラと、呼んでいくのは」

「隗、自分で、口ずさみながら、何、人のせいにしようとしているのですか…」

「…」

「どうせなら、古代魔界語を、ペラペラ述べてくれた方が、有難いです。得意ですよね?古代魔界語…」

「えぇぇぇ」

「寧ろ、新しい小説のタイトルを、決めなさい!」

「『鼻毛が抜けた、間抜けな皇子に、乾杯』」

「おい、そのタイトルは、止めなさい。誰が、出演するんです。もう少し、練れば、出てくるでしょう」

「ちぇっ…」

真面目に、考えます。

新しい小説のタイトル。

ザバァと、雨が奏でる旋律。

こんばんわ。

富山県は、雨が、ザバァと、降っています。

お陰で、少し、涼しく、感じます。

そうそう考えれば、八月なんだなぁと、渋々、思います。

八月といえば『罪と囚シリーズ』で、お馴染みのハヅキですが、今年は、誕生日小説を、書いていない。

まぁ、後から、催促という名の何かがきたら、書きます。

さてさて。


fujossy.jp

『真夏の淫らな靉流ー夢語り』を、更新しました。


「本編にさぁ、リリスの第五子が、二度目の出演になるんだけど…」

「天界の庭園が、枯れた所ですか」

「そう。絶対に、臭気纏わせてから、迫力持たせた方が良いよね。一応、アレだし…」

「まぁ、持たせた方が、彼も、浮かべられるでしょう。で、誰に、殺されたんでしたっけ?」

「自分の心に、聞いてみると、良いよ。械…」

「僕、あの時代に生まれていないので、少々、難しいかと。もし、生まれていたら、隗が相手ですか?それは、それで」

「お前は、あの時代でも、人畜有害を、振り撒こうとしているのか。暮らす所、間違えても、天界と、言うなよ…」

「無理です。僕と、隗の関係じゃないですか。其処は、素直に、折れておきましょうよ」

「嫌だぁぁぁ。お見合い写真に、何か、付け足していそうなタイプ…」

「犯すぞ、コラ」

お止め下さい。

エデンの園が、大変になります。

高麗人参酒。

こんばんわ。

昨日、買い物に行ったら、面白い、お酒を、見つけました。

『高麗人参酒なんてある。械に、飲ませようかな?』と、図った隗斗でしたが、よく見ると『マカ配合』と、記されていました。

『駄目じゃん。械に、マカなんて』と、我に還る。

さて、そんな事で、昨日、更新報告を忘れていたので、やります。

fujossy.jp

fujossy.jp

『真夏の淫らな靉流ー夢語り』

『蒼いの謳櫻シリーズー転生』を、更新しました。

「隗、僕に、マカを飲ませたら大変とか、言っていたそうだね。『械に、これ以上、性欲を、強くされたら、大変』とか…」

「だって、本当の事じゃん。それに、高麗人参だよ?」

「実に、興味ありますね。この前の、お酒じゃ、足りなかったので、新しい改革を、広げようと、思っていたんです。マカぐらいで、僕の一物が起つと、思ったら、大間違い。伊達に、神をやっていませんから…」

「再起不能と、言おうとした。ごめん。因みに、お酒の新しい改革は、止めて下さい。高麗人参のお酒、養命酒なんだ」

「…」

「うん。誰でも、そうなると、思う」

「隗、それを、先に、言おうか。流石に、僕は爺では無いので、要りません。何処かの、元恋人の妹にでも、上げて下さい…」

「配達するの、面倒臭いから、兄さんに、直接、見てきたけど伝えておく」

「それより、新しい小説は、タイトル、決まりました?」

「まだ。実は、小説より先に、コレが、問題でさぁ。いしかわ動物園で、買ったトラの縫いぐるみ。鍵を付けても、外れるし、揺るんだんだよね。それに、今日、無くなった。鍵を付けていた鎖の部分」

「あぁ、それなら…運命が、変わったのでしょう。今までは、鍵に、想いが、詰まっていたけど、異動して、姿が変わっただけだから、見てきたけど心配せずとも、大丈夫です。たまには、僕が、お酒を、注ぎましょうか?」

「何の、風の吹き回し?械が、優しい時って、裏がある」

「大人しく、注がれてれば、良いんですよ…」

えっ!

今日は、休肝日にしてから、新しい事を、しようとしていたのにぃ。

どうもで、ありまする。

こんばんわ。

昨日は、械のお陰で、近状報告という爆弾発言を投げられましたが。

アイツ。

酒飲めた事に、満足したのか、凄く上機嫌でした。

まぁ、今日から富山県へ住む事になったので、宜しくお願いします。

石川県に居た頃より、部屋が広い。

えっ、これ、ワンルームというより、ニDKなんですが(驚)

外から見ると、外観が可愛らしいです。

しかも、ベランダ側からは、竹が見えるよ。

というか、富山県まで、車で送ってもらったのですが。

二時間ぐらい掛かったと、思います。

見える景色が、全然違う。

話によれば、スーパーから少し歩けば、食べ物屋さんが並んでいるとか。

隗斗も、探検心で、一杯です。

早く、彼方此方、回れたら良いなと、思います。

明日は、とりあえず、近場から攻めていきます(*^^*)

「という事で、精進して仕事をするので、そろそろ…あのネタで、脅すのは、止めて」

「嫌です…」

「ちっ」

「隗、お腹が空いたので、ご飯を、作ってくれると、助かります。材料なら、見てきたけど少し、余っているでしょう…」

「余っているけど、まだ、やらなきゃいけない事があるの!新しい小説の内容も、考えないといけないから、械には、是日、相談に乗って欲しいんだよね」

「僕で良ければ、手取り、足取り、腰取り。ついでに、隗を、黙らせる方法を、知っていますが、大公爵に、教えても大丈夫ですか?本気の悪戯を、けしかけようとしていると…」

「…っ」

「要するに、早く、ご飯を、作って下さい。でなければ、隗の嫌いな奴の名前を羊が一匹みたいに、数えます…」

「(コイツ、絶対に、腹いせだ。富山県に来て、機嫌が良いのは知っているけど、酒が足りなかったと、言いたかったんだなぁ。今度、強い酒を買っておこう)」

お酒、強いからって、酷い。

隗斗だって、弱くなりたくってなった訳じゃなく、夜の仕事が無理だと、体が判断して以来、弱くなっていっただけだい。

深酒は、止めろと、言われてるけど。

殆ど、家の中だしね。



明日から富山県です。

こんばんわ。

最近は、更新報告を書くのを忘れてしまいますが。

ちゃんと、書いています。

お久しぶりに『罪と囚シリーズ』を執筆しました。

fujossy.jp

『罪と囚シリーズー螺旋』を、更新しました。

此方は、隗斗として、コンクールに、募集しました。

「明日には、近状報告します」

「…」

「隗、ちゃんと、石川県の皆様に、挨拶するんですよ。今まで、有り難う御座いました。と…。新たな土地で、趣味を広げて、実現の為に、神社に居る神々を、脅してきます」

「何処から湧いてきた!械!」

「隗が、住所変更している辺りから」

「のぉぉぉぉっ!!!」

「僕は、嬉しいんですよ。森という自然に囲まれながら、仕事をやるのが。石川県も良かったですが、湿疹が治る気配が無いんです。それに、富山県で、治療に専念した方が、賢明です。いしかわ動物園で買った、虎の縫いぐるみ。あれ、仕事との縁を繋いでいますよね?不思議な事に、何か、予兆をして、切れる事もあれば、嬉しい事が叶った時も切れる。縁を結んでいるのが、違う形になって現れるというのは、隗の特徴じゃありませんか。だったら、趣味を実現に生かす為の、縁も結んでいてもバチ当たりじゃないでしょう?」

「やっぱり、何かあると思えば、あれ、友達の彼氏関係で、繋がっているやつだよ?恐いくらいに、仕事関係に、影響している…」

「何時も、忘れている事を、石川県で、思い出すとは。もう少し、強く術を、使っておけば良かったですかね?」

「いや、洒落にならないから、止めて。お酒上げるから、黒い企みをするのは止して…」

「そいゆう自分は、曲を聞きながら、何かを始めようとしているじゃありませんか」

「ちょっと、色々、勉強中なの…」

いや、本当に。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2022年08月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31